注目の素材

コンドロイチンとグルコサミンを組み合わせたサプリメントやコエンザイムQ10のいち早い製品化。
わたしたちは常に先見性も持ち「健康」という形で社会貢献していきたいと考えています。

コラーゲン

コラーゲンは皮膚や骨、眼、内臓、血管など全身に分布している、体内に最も多く存在するタンパク質です。
コラーゲンはコラーゲン繊維として人の体を形作るほか、小さな分子のままで細胞と細胞をつなぐ組織の構成成分となっています。
同じコラーゲンでも様々な形があり、これまで20種類以上が確認されており、その型ごとに体内で存在する場所が異なっています。その中でも体内に多く存在するコラーゲンⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型に私達は注目しています。

コラーゲンⅠ型
皮膚や腱、筋、骨、臓器などに含まれています。

コラーゲンⅡ型
関節の軟骨や眼の水晶体などに含まれています。

コラーゲンⅢ型
血管や皮膚などに含まれています

ムコ多糖

ムコ多糖は、コンドロイチンやヒアルロン酸などの総称です。保水成分として肌や関節軟骨などで、コラーゲンなどと共に関連成分との複合体(マトリックス)を形成しています。 ウナギやスッポン、豚足、魚の煮こごりなどの料理に豊富に含まれています。

グルコサミン

体内でムコ多糖を作るための原材料になる、重要な成分です。自然界では、エビやカニ、キノコ類のキチン質として存在しています。

コエンザイムQ10

人間の必要エネルギーの95%は細胞中のミトコンド リアが生産しています。
ミトコンドリアはその活動の中で「コエンザイムQ10」を利用します。 「Q10」は別名ユビキノンの名前の由来通り、細胞中のあちこちに(ユビキタスに)存在しています。
脂溶性の特質の為、魚油(DHA,EPA)との相性は抜群です。

 

 

体内のコエンザイムQ10量は、
加齢と共に減少することが知られています。

 

 

 

還元型コエンザイムQ10
コエンザイムQ10には還元型(白色)と酸化型(オレンジ色)の2種類の形があります。
還元型コエンザイムQ10(以下:還元型Q10)は酸化されやすく、サプリメントとしての製品化が難しいものです。そのまま置いておくと、酸化型コエンザイムQ10(以下:酸化型Q10)に変化してしまいます。

 

 

 

 

体内ではコエンザイムQ10の90%以上が還元型Q10として存在しています。(図1)

また、還元型Q10は酸化型Q10よりも、吸収が良いことが分かっています。

 

 

 

サプリメントや食事などに含まれるQ10は一般的に酸化型Q10が多く、
体内に吸収されたあと、体内酵素の働きで還元型Q10に戻って働きます。

一方、還元型Q10は酵素のサポートを借りなくても、体内に吸収されるとそのまま還元型Q10として働きます。(図2)

そのため効率がよく、還元型Q10が新しいカタチのQ10として注目を集めています。

GMT(米胚芽・大豆発酵抽出エキス)
「GMT(米胚芽・大豆発酵抽出エキス)」は、私たちにとって身近な深い穀物である米胚芽と大豆を納豆菌の働きで発酵させ、納豆菌が生み出す有用成分を抽出したものです。
GMT中の有用成分の主だったものとして、イノシトールが挙げられます。
イノシトールは元々ビタミンB8とも呼ばれたビタミンに似た働きをする物質で、人体には必要不可欠です。
イノシトールの特徴として、リン酸がいくつか結合することで、その生理活性が変化することが知られています。
代表的なものとして、6個のリン酸が結合したものを「フィチン酸」と呼びます。
「フィチン酸」は体内の免疫を高める働きがあり、イノシトールと同様に非常に重要な成分です。
また、イノシトールにリン酸が3個結合すると、神経伝達物質として機能することが知られており、私たちの健康や美容に役立つ重要な物質です。
通常、私たちが食事から摂取できる栄養成分は「フィチン酸」が主となります。
しかし、GMTでは納豆菌を有効に活用することで、「フィチン酸」を含むさまざまなイノシトール類が含有されています。
その結果として、GMTは様々な健康・美容に役立つ働きがあります。
GMTの研究開発の歴史は四半世紀以上に上り、肝臓での代謝活性やエイジングケアに大切なSOD活性などに関する評価がなされています。
この発酵によって生み出される有用成分は、海外からも健康やエイジングケアの観点から注目されており、現在では、香港や韓国でも利用されています。